--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラスト紹介

2037年03月09日 08:03

このページはいつも最上段に来ます。今まで描いたイラストのまとめです。
下に行くにつれて古い絵になります。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

近況。

2011年10月21日 05:33

お久しぶりです、あびしです。

なんだかんだで今も少しずつですが絵を描いてます。あまり進歩はしていませんが…
今はこんな感じっす。…昔とあんま変わってねぇ…↓

Deep Purple

相変わらず絵柄が安定しません。やっぱ飽きっぽいってだめね…
それから最近私は脳みそを使っていないせいか長文が書けなくなってます。あとこれは昔からですが、なにか「書きたい」と思ったことばかりに思考がいってしまって微妙に日本語が不自由になったりします。まだ20なのにそれってどうなの…


このブログも忘れ去られて久しいですねえ。私自身時間が経ったこともあって自分自身の腫れ物を触るような感覚になっていってしまったが故にブログを長らく放置してしまっていたのが言うまでもなく明白ですが。
というかこのブログに記事を書くにあたりジャンル選択の画面を開いたのですが、明らかに東方に言及した記事が減っていましたね。東方という一ジャンルが形成する産業もピーク時の熱狂が過ぎて遥か遠くの終末が仄見えてきているように感じる昨今、東方がライフワークと言えるまでにあって当たり前となっている私にとっては少し寂しい発見でした。東方が流行らなくなったらどうなるんだろう?今繫がっている絵師さんの中にも東方を描かなくなったりする人が出たりするのだろうか?同人誌が出なくなって東方に新たな世界が広がることがなくなるのだろうか?
しかし惜しい。実に惜しい。このテの作品に珍しく、絶妙な和テイストと古さが同居している作品なのに。



まぁ最近はそんなことを日がな一日考えてますよーという、そんなお話。



あ、私は多分世の中が東方を忘れても描き続けてるような気がします。
それでもこけね本が出続けてくれれば更に幸せなんですが…




私自身のことについて。

早いもので来年は就職活動です。歳をとるにつれて一日がどんどん短くなる…とりわけ絵を描き出してからはものを考えるときに使う時間の尺度が相当大きくなりましたね。昔は5分とか10分とかで動いてた気がしますが、今は大体一時間で考えてるよーな…
来年こそは来年こそはとずっと考えていた同人デビュー。去年に念願かなって遂に達成しましたが、あれじゃ不完全燃焼です…しかし時間が無い…どうしたものか…
…来年こそは出します← 次はコピ本じゃなくてちゃんと印刷会社に頼める代物を仕上げるぞ。

つかこのブログも途中長い放置を挟んだとはいえ四年近くやってるのですね…なんつーかここまでくると自分の人間的な成長の履歴にも出来そう。今回日記を書いてみて絶望的に頭が悪くなっているのを自覚してしまったので、頭の体操がてら出来るだけ毎日書いてみようかな。たまにSSも書いたりしながら。うんそうしようそうしよう。



というわけで、時間があればまた明日。それでは。

さあ久しぶりに

2011年02月05日 02:28

更新しようかな

えーりん。ってか年増全体。

2010年03月30日 22:48

ギャップ萌え。これ重要。例えばいつも大人びた人とか、小悪魔な人が案外子供っぽかったりすると凄くよろしい。
ヤンキーがたまにいいことするとそれだけでいい人に思えてしまう効果と似ている。
そんなシチュを描きたい情熱はすごくあるのに、技術が追いつかぬ…ってか本当に色塗りのセンスが無さ過ぎる。
最近の流行はシャープな絵だけど、そんなもの描けん。ってか自分の描きたい描き方にとっくに矯正しちまったよ…

とりあえずえーりん。三部作になる予定。その内の二部作。
ぱんちゅ_convert_20100330224001

いんぼう_convert_20100330223811



pixivもよろしくお願いします。


近年で最高の仕上がりになりそうな風に吹かれいむ。

2010年03月18日 05:50

なんだこれ。奥行きか?奥行きなのか?たったそれだけを意識するだけで、見た目の画力というものはここまで違うものなのか。
実際には画力は全く上がってません。最近ついったーにはまってしまいまして、全然絵を描いて無かったので…!
超大作線画



ついった。
↑はじめたばっかなので、フォローその他をぜひぜひぜひ。



これってどーなんだろ。ってかこっからが正念場だ。このラフ画特有の勢いを無くさずに線をまとめなくてはならん。そこが絵を描いてるうちで彩色よりも難しいところだと思うんだ。ごまかしがきかないから。

ってか最近彩色をすげー悩んでます。

彩色は簡単な塗り方なら適当に影つけて色置いてグラデをかけてあとちょこちょこやるだけでも、かなりそれっぽいものが作れる。素人目にはどう塗ってるのかわからんほどに。
この素人目にはってのがミソで、絵をかじった人からは奇抜な塗りの方が多少ヘタでも好まれますが、殆どの閲覧者さんが求めるものは恙無く完成しているものなんですよね。だから難しい塗りの奇抜なものと簡単かつ見栄えの良いものが拮抗しうる。

私は所詮絵をマジメに勉強してるわけでもないので、奇抜な塗りは今は無理だってことに気づきました。
とりあえず全体として完成度の高い塗りってのを目指して、一個の作品、abisiという一つのブランドを確立していくという、私がかなり早期から考えていたことを実行に移すときが来たようです。あまり見ない塗りとかを模索するのはヤメにして、安全策をとる、ということですね。


ぶっちゃけ逃げです。もっと研究しうる余地はあるのですが、もういい加減飽きました。これからは線画の質の向上に力を絞っていきたいと思います。




…誰か最低限の塗りの鉄則を教えてください。


コメ返信。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。